サプリメントは過剰に摂り過ぎず、薬との飲み合わせに注意が必要です。

MENU

サプリメントの安全性

サプリメントの安全性をリサーチ!

ドラッグストアや薬局で様々なサプリメントが販売されていますよね。
誰でも気軽に購入する事が出来るので、栄養補給のためや健康維持するためにサプリメントを摂っている人も多いのではないでしょうか?
サプリメントは薬ではありません。ですから飲めば効果があるかどうか、ということはわかりません。分類としては健康食品になります。健康食品とは「健康に良い」とか「健康を維持するために効果的」などといった食品の事を指します。しかし、健康食品には法律上の定義が無く、科学的根拠がないものなのです。
そのため、健康食品だから絶対に安全とは限らないのです。サプリメントを服用するときには注意を払う事を忘れてはいけません。

 

過剰摂取の危険性

サプリメントは「鉄」や「カルシウム」などといった特定の成分を摂取できるものですよね。中には総合栄養素が入っている事を表示しているものもあります。
そのため、大抵の人は自分に必要な成分の入っているサプリメントを選んで服用しているのではないかと思います。
しかし、どんなに体に良い成分であったとしても過剰に栄養素を摂取してしまうと体に悪影響を及ぼす可能性があります。
サプリメントを服用するときには、取扱説明書をよく読んで決められた量以上を飲まないようにしましょう。

 

相互作用に気をつける

サプリメントの他に薬を飲んでいる場合、もしくは複数のサプリメントを飲んでいる場合、その組み合わせによっては効果が強く出すぎたり逆に効果が弱くなってしまったりすることがあります。これが相互作用です。
薬であればお薬手帳などで医師や薬剤師によって飲み合わせの確認してもらえますが、サプリメントは自分で確認をするしかありません。
もし今現在薬を服用していてサプリメントを飲むのであれば、飲み合わせが大丈夫なのかどうかを医師に確認しておきましょう。
複数のサプリメントを服用するのであれば、どのような効果があるのかどうか、他のサプリメントを服用しても大丈夫なものなのかを
確認しておきましょう。

 

基本的な食生活を送る事が大事

サプリメントはあくまでも健康補助食品です。基本的な食生活を送っていればビタミンやミネラルを補給しなくてもきちんとした栄養素が取れると言われています。
様々なサプリメントで栄養素を摂ろうとするのではなく、まずはきちんとした食生活を送るようにする事が大切です。
特に子供にとってはサプリメントで栄養補給するのはメリットよりもデメリットの方が大きいと言えます。子供の好き嫌いがあるから
心配をしてサプリメントを服用させるのではなく、子供の食育を考えるのであれば、まずは正しい食生活を送れる様に親が努力をする事を忘れないようにしましょう。