お酒とタバコは身体の為にも控えましょう

MENU

お酒とタバコはほどほどに

 

アルコールを飲み過ぎると、肝機能が悪くなることは知っていると思います。
肝臓に脂肪が付き、脂肪肝になると肝臓が機能しなくなり、大変な事になります。

 

肝臓は、症状に出る事がないと言われている臓器なので、目が黄色くなってきたとか、身体も黄色くなってきたといった症状があらわれた時にはかなり病状が進行しています。

 

アルコールを飲む時は良質なタンパク質を摂りながら飲むように心がけましょう。

 

アルコールを飲み過ぎるとか、毎日飲み続けるのは肝臓に良くありませんので控えめにし、休肝日を作ってください。

 

また、タバコは、アルコール以上に悪いと言われていますが、血液中が酸欠になるとも言われています。そしてビタミンが多く奪われてしまいます。

 

ビタミンが奪われるという事は、お肌の大敵です。
シミ、くすみ、たるみ、乾燥、ニキビ、黒ずみ、毛穴などなど不都合がいっぱい現れます。
肌が酸化してしまいますので老化もしてしまいます。

 

毛細血管を通り髪にも影響が出たり、口臭の原因にもなり、あらゆる不都合が出ます。

 

しかし辞めなさいと言って辞めれる人は、とっくに辞めているはずですよね。
中々辞めれないのがタバコです。
また、無理にやめるとかえってストレスが溜まって身体を壊すという人もいます。

 

なので、控えめにする事を意識して、失われたビタミンは野菜ジュースなどで補給する事をお勧めします。高酸化作用のある物やビタミン豊富な物を摂取すると良いでしょう。

 

若々しいお肌には、ビタミンが必須です。
足りなくなった栄養は補給してくださいね。