肌に悪い食べ物とは、栄養のバランスが悪い食事のことです。

MENU

肌に悪い食べ物

 

加工食品

ポテトチップスのバナー

肌に悪い食べ物といわれると、まず浮かぶのは加工食品です。

 

今は手軽で美味しいものが沢山あって、ついつい手が出てしまいます。

 

スナック菓子は、ちょっと小腹がすいた時、コンビニや自販機で手軽に買えるので、つい食べたくなってしまいます。

 

ストレスがあると、ついバリバリと、やめようと思いつつ最後まで食べてしまう、そんな経験はありませんか?

 

 

ファーストフード

 

ファーストフードもしかりで、脂肪分、糖分が思ったよりいっぱい入っていて、ニキビを悪化させてしまいます。

 

 

 

コーヒー

 

コーヒーのバナー

ファーストフードを食べる時にコーヒーもよく一緒に頼みますが、コーヒーのカフェインにはビタミン、ミネラルを体外に出してしまう作用があるため、沢山飲むのは控えましょう。

 

コーヒーは気分転換にもなるので、好きなのに肌のために飲まないと決めてしまうのもかえってストレスになるので、自分でコントロールする事が大切です。

 

 

 

お酒

 

お酒も適量ならば問題ありませんが、適量というのはなかなか難しく、飲みすぎてしまうと肌に良い栄養素を排出してしまい、肌荒れの原因ともなります。

 

 

 

甘いもの、動物性脂肪

 

甘いもの動物性脂肪は、美味しいので食べたくなりますが、それらの食品は肌を酸化させ、コラーゲンの生成を妨げ、老化を早めてしまうので、取り過ぎないように気をつけることが大切です。

 

 

 

生野菜

 

生野菜のバナー

生野菜は肌にとって良い食べ物ですが、カラダにいいといって、そればかりを食べると、カラダが冷えて血行が悪くなり、老廃物を出す事が難しくなります。

 

また、冷たい飲み物も同じ理由で、身体を冷やし、むくみやすくなります。

 

カラダが冷えると血のめぐりが悪くなり、内臓も冷えるので美肌には大敵です。
摂り過ぎないように気をつけましょう。

 

 

炭水化物

 

パスタ、ラーメンのような炭水化物は、そればかりを一品で食べてしまうので、栄養のバランスが悪くなり、肌にはよくありません。

 

お米も炭水化物ですが、日本食のようにおかずを何品も食べるので、食事全体のバランスは良くなり、適度に食べるお米は健康にもよい事です。

 

 

 

健康であるという事は、肌も健康という事です。

 

毎日の食生活で肌に悪い食べ物をまったく取らないようにすることは大事ですが、それ以上に良いものを意識して摂って、バランスの良い食生活を心がければ適度な嗜好品もストレス解消のために心と身体の健康に役立つ事がきるのです。

 

⇒お肌に良い食べ物はこちら